読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもちのもちもち散歩

カフェが大好きおもちさん、今日ももちもちカフェめぐり。

その16。すみだ珈琲@錦糸町


どもども、おもちでございまする。
昨日今日とおもちさんはしゃぎ気味でして。
なぜかと言いますと、


一昨日買った

MacBook Airが届いたからーー!!!🍎🍏


色々なタイミングが重なってぷるぷるしながら買っちゃったのですが、機械系に疎いもので使いこなせるかハラハラしておりました、、

んが!
もーーー使い心地がいいこと!!
もうスルッスル動くんです、起動まで謎の輪っかがずっとクルクルすることももうないんです!
いきなりトラブルシューティングとか始めたりしないんです!

もうこれはスタバでドヤるしかない。☕️

f:id:omochi1101:20161025143825j:image

調子乗ってコーヒーぶちまけないよう気おつけます、、笑

はい、では今日のお店行ってみましょーう🏃🏃


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
🐶すみだ珈琲さま@錦糸町
東京都墨田区太平4-7-11
☎︎03-5637-7786
11:00〜19:00
水曜・第2、4火曜日定休
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

錦糸町駅から徒歩15分ほど、オリナスの出口を出てすぐの通りにありました。

f:id:omochi1101:20161025181536j:image

毎回入ってみたいな、、と思いながら漂うダンディーなムードに尻込みして行けなかったのですが、今回意を決して突撃しちゃいました。🏃💨

f:id:omochi1101:20161025183954j:image

f:id:omochi1101:20161025184037j:image
(一部出典:Let's Enjoy Tokyo)

こじんまりとしたお店ながらも暖かみのある空気が店内を包んでいます。

実はこのお店、とっても有名なお店なのです。
一体何で有名なお店なのでしょうか?


墨田に根差す、江戸切子で頂くスペシャリティコーヒー


まずは何と言ってもそのコーヒーのクオリティと美味しさです。
出しているのは全てスペシャリティコーヒーで、焙煎度合いが違う3種類のブレンドと原産地・味など様々な特徴を持つエチオピアやケニアなどのシングルオリジンのコーヒーが取り揃えられています。

それらのこだわりのある豆を何と自家焙煎されてらっしゃるのです。
焙煎てほんのコンマ数度、数秒で全く味が変わってしまうんだそうです。
良い豆であっても焙煎によってはその味を殺してしまいかねない、、
自家焙煎ということはそれだけの技術で自信を持って提供しているということなのです☕️

そしてその高いクオリティのコーヒーを江戸切子で出されているというのがすみだ珈琲さんのオリジナリティなんですね〜。
江戸切子というのは江戸時代後期に始まった硝子細工の一種だそうで、とにかくカッティングによる光の屈折がとても美しいのです、、✨

f:id:omochi1101:20161025185604j:image

模様に光が乱反射して、本当に綺麗ですよね、、☺️☺️
この江戸切子でコーヒーを出すということには、オーナー様の江戸切子の日常的な使い方を提案して、地域貢献に役立てたい』という思いが込められているそう。

昔から受け継がれてきた職人の伝統工芸を守っていく。
そのすみだ珈琲さんのスタイルが本当に素敵だなと思いました☺️☕️


さてさて。
おもちが注文したものがこちらでございまする👇


*すみだブレンド 深煎り ¥480

f:id:omochi1101:20161025190459j:image

これまた勝手なもちルールなのですが、深煎りコーヒーが美味しいお店はどのコーヒーも美味しいと思っております。笑

わくわくしながらいざ飲んでみると、口をつけてから飲み込むまで深いコクが染み渡っていきます。。
味の奥行きと言うのでしょうか、しっかりとした苦味のなかに柔らかな甘みも感じられて、最後にはまろやかさを感じました。

美味しい深煎りコーヒーって全ての要素がしっかりと感じられらるのに尖っていないんです。
オーナー様の丁寧な仕事ぶりと穏やかな人柄が窺い知れるような(お話させていただいた時の勝手なイメージです。笑)重厚なコクと丸みが共存するコーヒーでした。


そしておもちさん、コーヒーとは別にすみだ珈琲の看板デザートも頼んじゃいました!🍰


*モカチーズケーキ ¥380

f:id:omochi1101:20161025193252j:image

こちらのチーズケーキ、贅沢にもスペシャリティコーヒーを混ぜ込んで作っているのだとか!
な、なんつー贅沢さ…!!
※普通の豆の価格比べてスペシャリティコーヒーの豆は約2倍ほどいたします。ひぎぃ😳

しかも2014年に『すみだモダンを受賞されたのだとか!👑
食べてみますと濃厚なチーズの後から風味豊かなコーヒーの香りが追いかけてきます。。
大人なチーズケーキって感じですね〜🍰

でもびっくりしたのはここから。
チーズケーキを食べた後先ほどのコーヒーを飲んだら、二つの味が口の中で溶け合ってとんでもなく美味しくなったのです!

おもちはこの時学びました。
これが世に言うマリアージュというやつなんだなと…
(おもちの レベルが 1 あがった!)


☕️🍰☕️🍰


コーヒーとチーズケーキに余りにも感動してしまい、せっかくなのでもう一杯飲みたくなってしまいました☺️笑
ぺらぺら〜っとメニューを見ると、なんと『ホットコーヒーのみお替り一杯半額』の文字が!ありがてぇ!🙏✨

先ほどの深煎りとは全く違うコーヒーを頼んでみちゃいました( ´ ω ` )


*本日のオススメ珈琲 ¥540
(パナマ カジェホン農園 ゲイシャ種 浅煎り)

f:id:omochi1101:20161025194538j:image

まずパナマ、そしてゲイシャ種という今まで聞いたことのない字面に惹かれて頼んでみました☕️
後から調べてみると育成が非常に難しく市場にはあまり出回っていない品種なのだとか、、どんだけ!!👆👆

飲んでみるともう目からウロコです。🐟
先ほどの深煎りとまっっっったく違う味わいなのです。

まず飲んだ瞬間にフルーティな甘み・酸味が口いっぱいに広がります。
それでいてコクは損なわれず、すっきりとした後味でした。
浅煎りって大体青臭かったり土臭い味になってしまいがちなのですが、全くそのような味は無くむしろ何とも華やかな味わいでした。
こんなに美味しい浅煎りは初めてでした、、、きゅん☺️💘

2つのコーヒーの余りの違いにぽえーっとしていると(笑)店主さんが
「さっきと全然違うでしょ?」
と話しかけて下さいました。

「どうしてこの豆は浅煎りなんですか?」とお尋ねすると、
「この豆は浅煎りでないとこの華やかさは出ないんです。もっと焙煎してしまうと香りが飛んでしまう」
とお答え下さりました。
改めて豆のことを熟知してらっしゃるんだなぁ、、とまたまたぽえーっとしてしまいました。笑


☕️🏠☕️🏠

はい、今回のもちブログどーでしたでしょ。
正直ここまでのコーヒーはそうそう会えないと思います。珍しく真面目に話してます😤きり

江戸切子でいただく極上の一杯、是非飲みに墨田までふらつきに行ってみてください。🚶

ではまた。


ゆっくりのんびり、日々もちもち。

おもち